スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ドキッ!
2007-09-18 Tue 20:37
スズさんの日記で読んで、ハッ!としました。
なので、私からもシェアさせてもらう事にします。
さあ、みんな、ドキッ!としよう。

=======================================================
 田坂広志 「風の便り」 ふたたび  第70便
=======================================================



 山を越える修行僧



 仏道の修行をする師と弟子が、
 二人で旅をしていました。

 その旅の途上で、川に差し掛かったところ、
 若い女性が、川の前で立ち往生をしていました。
 着物の裾をあげ、歩いて川を渡ろうとしたのですが、
 流れが急で、渡れなかったのです。

 それを見た弟子は、
 若い女性に心を惑わされてはならぬと
 一人で川を渡ろうとしましたが、
 師は、黙って歩み寄ると、
 その肌も露な女性を肩に担ぎ、
 川を渡しました。

 女性の礼の言葉を背に、
 二人の修行僧は、
 その先にある山道を登り始めました。

 その道を登り終え、坂道を下り、
 その山を越えたところで、
 思い余った弟子が、耐え切れず、
 師に言いました。


  あれは、許されぬことではないでしょうか。
  若い女性を肩に担ぐなど、
  修行の身で、
  してはならぬことではないでしょうか。


 それを聞いて、
 師は、微笑みながら答えました。


  おや、お前は、
  あの山を越えても、まだ、
  あの女性を担いでいたか。




 我々の心は、
 いくつの山を越えれば、
 担いでいるものに、気がつくのでしょうか。

 2003年2月27日
 田坂広志


------------------------------------------------------

 このメッセージメール「風の便り」は、
 田坂広志がご縁をいただいた方々、そして、
 「未来からの風フォーラム」のメンバーの方々に
 お送りしています。

 この「風の便り」は、皆さんの友人や知人の方々へも、
 遠慮なく、送って差し上げてください。
 ささやかな縁と共感の輪が広がるならば、幸いです。

 この「風の便り」への返信メールは、
 私の個人アドレスに届きます。
 ご意見やご感想をお送りください。
  mailto:tasaka@hiroshitasaka.jp

 「風の便り」の読者が集うコミュニティ
 「未来からの風フォーラム」も
 ご覧いただければ、幸いです。
  http://www.hiroshitasaka.jp/

 「風の便り」の配信開始、配信停止、配信先変更は、
 下記のサイトでお申し込みください。
  http://www.hiroshitasaka.jp/tayori/

 「風の便り」のバックナンバーをお読みになりたい方は、
 下記のサイトをご覧ください。
  http://www.hiroshitasaka.jp/tayori/index.php#backnumber

------------------------------------------------------
スポンサーサイト
別窓 | ことば | コメント:0 | トラックバック:0
<<笑えれば | Time after time | 私の子供時代も知ってる木>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Time after time |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。