スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
思春期の性を考えよう
2006-12-09 Sat 22:07
20061210102007日本助産師会北海道支部PALの会の東紀子さんの講演を聞いてきました。
性について、子供にどう教えたらいいのだろう?
不安があります。
私たちの世代は、小学校高学年時に女子だけ集められて、生理の話を聞かされ、ナプキンのサンプルをもらっただけでした。
私は男児二人の母。
子供に教える以前に、男性について、私は全く無知です。
いや、実は女性についても、自信がないな。

性教育とは「生きる力」を教えることだとおっしゃっていました。
そうなんですね。
とても大切なことをきちんと学ばずに曖昧なままに大人になった未熟な私たちの世代。子供に大切なことをきちんと伝える為に改めて学びたいと思います。
[眼からウロコ!親が子供に話す前に読む性教育講座/著者 田中 良]
今読んでいます。

「二人のロッテ」などで有名な作家ケストナーは、「両親が離婚して不幸になる子供もいるけれど、両親が離婚しないために不幸になる子供も同じくらいいるのです。」と書いたそうです。そうだよね~。
スポンサーサイト
別窓 | たいせつなこと | コメント:2 | トラックバック:0
<<りんご | Time after time | 水仙月の四日>>
この記事のコメント
ステキな感想をありがとうございます。ひょんなことからたどり着いてしまいました。
「不安に思う」ことが大切で「悩むこと」が人を人として育てるそうです。大いに悩みましょう。
「いのち」産まれる時と死ぬ時にだけに感じるものではなく、いつも感じていたいですね。
とても楽しい時間をいただきました。また呼んでください。ありがとうございました。
2006-12-14 Thu 11:57 | URL | 東 紀子 #-[ 内容変更]
東紀子さま>
まぁ!じきじきにコメントありがとうございます!びっくりしつつとても嬉しいです^^。
とてもためになりました。
是非またお話聞きたいです。
2006-12-15 Fri 20:36 | URL | soramimi28 #vXQH5oaA[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Time after time |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。