スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
水仙月の四日
2006-12-08 Fri 22:55
20061209075517ななかまどの木にやどりぎがついています。
ななかまどの赤い実と、宿り木の黄色い実。
可愛らしくて時々見とれています。
宮沢賢治の「水仙月の四日」を読みました。
この物語をこの北国で読むことが出来たことに心から感謝。
風で貝殻のように跡がつく雪や、ビール色の日光。
私の生まれ育った町ではそれらのものがこんなにもリアルに想像することができなかったでしょう。
昨日は読書会に参加してきました。
この町沿線の読み聞かせボランティアに係わる方で8名が集まり、私は息子がお世話になっているものがたり文化の会の先生にお誘いいただいたのです。
宮沢賢治の「水仙月の四日」をみんなで朗読しあい、ここの表現はこういうことだよねなんてそれぞれの解釈を交換することによって、作品をより深く楽しむことができました。

「雨ニモ負ケズ」と「銀河鉄道の夜」しか知らなかった私が、子供とともに「どんぐりと山猫」を楽しみ、今回「水仙月の四日」を読みました。
憧れつつも敷居の高かった賢治童話の世界に少しづつ入っていきます^^。

。。。。。
そして願う。
この美しい世界がこれ以上汚染されないようにと。

スポンサーサイト
別窓 | 空日記 Innocent sky | コメント:0 | トラックバック:0
<<思春期の性を考えよう | Time after time | あぁ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Time after time |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。