スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
対岸の火事
2012-10-16 Tue 23:41
「年末久しぶりに帰省予定。帰ってくるんか?」兄からの突然のメールに、私は動揺してしまった。私はわが子の健康を考え、避難したというのに、なんで?なんで今?と。
兄だって、長い間ふるさとを離れているとはいえ、心を痛めている。
このままではいつまでも対岸の火事だから帰って現状をこの目で見たいと。
子どもたちにも見せたいと言う。俺だって福島県民だと。
ふるさとが恋しい気持ちは分からないではない。でも、なんで可愛い子どもたち連れてくる?
見たいならお兄ちゃん一人で見に行きなよ!電話して、泣いてしまった。

まだ収束していないんだよ?
フクイチはまだむき出しのままなんだよ。
こんな事が起こっても、東電は隙あらば再稼働狙ってるんだよ。

町の暮らしは表向き何も変わっていない現状に何を感じるのかな?
ほら、大丈夫だろって思っちゃうのかな?

そこに暮らす人々はたくさんいるよ。
そうせざるを得ないから、何とかそこで生きているんだよ。
信じられないような事が起こっているんだよ。

不謹慎だけど、また事故が起きないとわかんねぇんじゃねえかって言う人もいるっていうけど、こんな事が起こってもわかんないようなら、次に起こったってわかんないよ。
自分の身に降りかからなければね。いつまでも対岸の火事。

福島の女たちは、次に起こさないために止める!って思ってんじゃん!!
私だって、汚染されていなければ、大好きなふるさとを離れたりしない。
帰りたくて、帰りたくて、やっと帰ったふるさとを離れなければならなくなったこの現実を、
嘆いてる暇もなく、ただただ、原発反対!!

スポンサーサイト
別窓 | つぶやき日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<がんばります | Time after time | 本島観光♪ ~万座毛~読谷村>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Time after time |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。