スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
みんなで守ろう
2011-04-29 Fri 17:41
前回の日記に転載した署名にご協力してくださった皆様、ありがとうございました。
25日一時締め切り、3日間で3万もの署名が集まったそうです。
4月27日に管総理大臣および高木文部科学大臣宛に仮提出し、引き続き、「20ミリシーベルト」撤回に向けて、署名を集めるそうです。最終締め切り4月30日
まだの方は署名よろしくお願いします。

【ご協力ください】緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求

福島の子供たちだけじゃなく、日本の子供たちを守るために、ここで、撤回させないと!


金曜はPTAの集まりがありました。
いわきは、不幸中の幸いで、福島市や郡山市よりも数値が低いせいか、もう心配ないと考える方も多い。安心して子供たちが学校生活をおくれるように、親として出来ることは何かと考えたときに、今まで通り(3.11以前のように)何事もなかったかのように暮らすことを選択したい人もいる。それで、安全ならそうしたいけれども、安全が保証されるものではない実情なのに。避難した方を責めるような言い方をする人もいるようで、父兄の中にも大きな温度差を感じる。だけど、親として、できるだけ要望を学校側にも伝えなくちゃと思う。きちんとはっきりと発言してくれた父兄の方がいて大きな拍手!!!

その後、いつもお世話になっている学童の集まりでも、子供たちを守るために話しあった。ここでは、大半が、実情をきちんと見極めながら、出来る限りのことをやっていこうという姿勢が皆さんから受け取れて、とても嬉しかった。大変な時代だけれども、みんなで守っていこう!って思いました。
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<内閣官房参与の辞任 | Time after time | 福島を守って!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Time after time |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。